胡蝶蘭ギフトが人気!

なかには胡蝶蘭専門のお店もあるくらい胡蝶蘭は人気の花となっており、また高級花としても認識されています。胡蝶蘭は1ヶ月から3ヶ月ほどもつのでしばらく飾り続けるお祝いの品としては最適なものです。胡蝶蘭を贈るタイミングとしてはお店の開店祝いやなにかの就任祝いなどが一般的です。ほかにも還暦の方や母の日、誕生日などの贈り物としても胡蝶蘭が用いられます。お悔やみにも胡蝶蘭を用いることができます。ただし病気の方へのお見舞いとしては適していないようなので気をつけましょう。

胡蝶蘭はある程度大きさがある花なので、贈る際にはスペースのことも考えてボリュームを決めると良いでしょう。個人の家や小さなお店や事務所に贈るのであれば大輪で3本立ちくらいまでにとどめておいたほうが良いかもしれません。一般的に立ち札やメッセージカードをつけることが多いので、メッセージカードの選び方にもセンスが現れるようにしたいものです。色もさまざまなものがありますが、お悔やみの贈り物の際は白色だけを選ぶようにし、それ以外のシーンにおいては自分のセンスで合うと思う色のものを贈ることができます。なかには胡蝶蘭に金粉を吹きかけてゴージャスな雰囲気にしたものなども登場しているようです。